testblog

プログラミングとかの話題はQiitaの方へ投稿しています。ここにはなんかテキトゥなこと書いてます。

ゲーム名とか、作品名とか命名する時につかえるサイトを探した履歴

ゲーム名とか、作品名とか命名する時につかえるサイトや考え方を探した履歴です。

期間と個数

ラノベの編集者さんの記事で考える期間は2日くらい、候補案は最終的に100くらい出すといいと聞きました。
自分的にちょうどいい感じなので採用しています。

コンセプトを深める、ターゲットを見定める。

何のためにするのか、なぜするのか、なぜ伝えるのか、だれに伝えるのか・・・。
コンセプトや、マーケティングの計画を明確にすれば言葉も自然と出てくると考えています。 ターゲットや伝え方全体を見通します。また逆に伝えなくてもよい相手がわかればそこは削れます。

ネーミングを考えるときに使えるサイト

自分が今まで使っていたのは、weblio英和辞典と、weblio類語辞典です。情報がよく載っているので愛用しています。

他に命名時に便利なサイトはないかと探していると、ちょうどまとまったサイトがあったのでリンクです。 https://ferret-plus.com/1448

上記サイトでは以下のようなサイトを説明付きで紹介しています。

ドメインを調べたり、英語を合成したり、変換したりして作っています。

他に見つけたサイトとして、

サークル名ジェネレータ http://www.doujinbu.com/cng/

おもしろい名前が出てくるので、俺も負けねぇと見比べたり出来ます。
出てきた名前をアレンジするなどの使い方もできそうです。

連想類語辞典 http://renso-ruigo.com/

出てくる単語が類語辞典より広いです。
ああこんな単語あったなぁと、眺める為に使っています。

検索方法

英語を使ってかっこいい名前を考えるなら、ネイティブにどういった意味に受け取られるのか、予想しておきたいところです。

「(ここに調べたい英単語) 違い」 のように検索すると、似た意味の英単語と比べた説明がヒットします。
英語のニュアンスをすぐ理解してよりよい単語をさがす検索方法としておすすめです。

まとめ

作品のコンセプトや、ターゲットを明確にするのが一番大事だと思います。
悩んでそこから決定することで真に納得し、それによって命名はできるのかもしれません。