testblog

プログラミングとかの話題はQiitaの方へ投稿しています。ここにはなんかテキトゥなこと書いてます。

コミケ90参加してみて。サークルElmer編

なんとかコミックマーケット90にサークル参加することが出来た。 前から参加する人を手伝ったりしていたので、配布物を印刷所に注文して作ってもらったり、会場に設営したり、店番したり、をギリギリ最低限レベルまでは出来た気がする。(印刷物は名刺サイズ2つだし、設営はマット敷いて見本本を取りやすくしただけなんだけど)自己満足が目的なら、十分満足できた。ありがとう、いろいろな人に迷惑をかけたかもしれない。

準備

準備中には普段しないことが出来て楽しかった。 この機会に印刷会社のHPを眺めたり注文したりしてみると、この素材を使うとどうだろう?とかイラストレーターはこう使うのか!と創造的になれてすごく良かった。正直印刷注文は定期的に続けて試したい。(ああ、しかし金が無い。)

イラストレーター(アドビのソフト)にはお世話になった。試用期間の一週間で名刺にステッカーに表紙にと用意するもの全部作った。やはりアドビの編集ソフトは高水準だ。イラストレーターの購入方法は月額毎なのだが、必要な一ヶ月だけ買って使うというのもありかもしれない。最新版のイラストレーターも使うことが出来る。

配布物

今回の配布物は、「プログラミング言語Elmの薄い本」という「gitbookのアドレス」である。

はじめに · プログラミング言語Elmの薄い本

gitbook(website)は、別にものを売るプラットフォームってわけではなくて、githubみたいに共同編集とかできるサイトなので、そこのアドレスを刷ってコミケで配るってのは、正直意味不明ってことになるのだけど、この辺りが俺なんだ。。

gitbookというツールは、markdownをpdfやepubやwebsiteに自動でいい感じに変換してくれるというもので、さらにgitに対するgithubがあるように、gitbookに対するgitbook(紛らわしい)というwebサービスがあるので、そこでいろいろな形式で公開できる。

サイトにしたいなら、サイト出力(gitbook(website)で見れる)にして、更新していけばいいし、もし売る目的ならpdf、epub出力して、販売サイトに登録すればいい。

販売サイトについてはいろいろ選択肢がありそうだ、ダウンロード用のパスを印刷してくれるところまである。

今回はいろいろあって売る気がなかったし、広く知られたいという意識でこうなった。しかし作業に対して対価は支払われるべき、クオリティのあるものを作るにはお金が必要だ、ということもあるので次はどうなるかわからない。

しかし薄い本という名前なのにpdfで110ページくらいに。書いてたら頑張ってしまった。まだこれからもページ増やす気です。

C90当日準備

規約等を読むこと、提出する本の準備、とかも当たり前だが事前に全てやっておいた。設営はスムーズに行った。回収に来たコミケスタッフ、トイレの場所を教えてくれたスタッフ、コミケスタッフは良い人達ばかりだった。

C90当日

当日座っていると、いろんなに人に会えてすごいよかった。とにかくこれに尽きた。

目線があったらどうぞと進める方針でいろんな人に手にとってもらった。Elmの名前は知ってるという人は寄ってくれたみたいだし、若い人も女性もいた。

知らない人には、画面で動かせて面白い言語と説明して進めた。Elmってなんて読むのか聞かれて、エルム(element)、ニレ(elmの木)と答えた。 思ったがHTML/CSS/JSは誰でも知ってるからElmはもしかしたらどんな人にも伝わるかもしれない。

お布施用にこっそり貯金箱を置いていたのだが、そこにお布施しますねって言って一ドル入れてくれた人がいた。お金の話をしてくれて面白かった。しかしどうするんだこれw

Elm名前は知ってて触ってみたいと思っている。て人、何人かいた気がする、Elm Meet Up Tokyoに行くといいのではないだろうか。「薄い本」の「参考になるリンク」ページに入れてあるけど伝わるだろうか・・・

Elmに見てる視点がすごい似てる人がいてびっくりしたりした。業務系に使えないかとElmに注目していた感じだった。それでElmに安定版がない話が出た。やはりずっと安定版出ないのは、同じバージョンを長く使う場所だと難しい。しかし型システムがあるのが良いといっていた。そして出力するHTML、CSSが自動で過去のブラウザとかにも対応したものだったらと言っていた。

Elmかー、という感じで関数型言語を使ってる人も来た。Elmは画面を作る言語な分、他の関数型言語に比べて汎用性、抽象性ないから、そう言うのもわかる。

Elm使ってる、触ってるぐらいの人と話せなかった気がする。だぶんさっとステッカーとか渡して終わってしまった人もいたので、もしかしたらその中にいたのかも知れない。次はトーク術を上げてかかりたい。

当日終盤

アニメーターの同人本も欲しかったのだが、買いに行く暇がなかった。サークル主催者はサークルからあまり離れたくなくなる。

終盤に技術系の区画だけ回った。興奮して沢山買ってしまった。これから読みたい。

睡眠時間も取れてないせいもあって、終盤は疲れてヘロヘロになって声も出なかった。帰ってご飯食べたら床で12時間くらい寝てしまった。こういうことしてると成功体験の逆で、もう嫌だ、となってしまうから良くないことだ。次あったらちゃんとスケジュール調整したい。。

冬コミの応募一応しておこうかなと思う。期間が短いから失敗するかも知れないが。今回出したものは次に出す気がないから、次何するかまだ考えてない。

最近のサークル的活動

なんか放置してたので何か書こう。

放置していた間や今現在やっている、2つのサークル活動についての報告。

一つ目、ボードゲーム個人サークルをしていた。

自分はボードゲームにいろいろあってハマり、ボードゲームの祭典「ゲームマーケット」に無謀にも出展登録してしまった。 そしてそれは5月に開催されたのだが、何も準備が整わなかったので結局ぽしゃった。すみません。。

思い描いていたのは、なにかボードゲームとか作ったり、ボードゲームを探索とかプログラミングの題材にしてなにかしてみたいなぁ、みたいなことだ。だがやってみると難しく、、ちょっと今は力量不足らしいということが分かった。勉強して出直したいと思う。

Elmのサークル

今頑張って?いるのがプログラミング言語Elmを題材にした同人誌を出すサークル。 来週にはコミケが開催される。その3日目、14日に出展する。

自分は前からコミケへの参加にあこがれていて、ちょうどプログラミング言語にハマっていて情報を提供できそうなので応募してみた。

Elmへの文章のスタックはある、なのでそれをまとめられたらいいなと思っているが期限難しいなぁ。

ゲーム名とか、作品名とか命名する時につかえるサイトを探した履歴

ゲーム名とか、作品名とか命名する時につかえるサイトや考え方を探した履歴です。

期間と個数

ラノベの編集者さんの記事で考える期間は2日くらい、候補案は最終的に100くらい出すといいと聞きました。
自分的にちょうどいい感じなので採用しています。

コンセプトを深める、ターゲットを見定める。

何のためにするのか、なぜするのか、なぜ伝えるのか、だれに伝えるのか・・・。
コンセプトや、マーケティングの計画を明確にすれば言葉も自然と出てくると考えています。 ターゲットや伝え方全体を見通します。また逆に伝えなくてもよい相手がわかればそこは削れます。

ネーミングを考えるときに使えるサイト

自分が今まで使っていたのは、weblio英和辞典と、weblio類語辞典です。情報がよく載っているので愛用しています。

他に命名時に便利なサイトはないかと探していると、ちょうどまとまったサイトがあったのでリンクです。 https://ferret-plus.com/1448

上記サイトでは以下のようなサイトを説明付きで紹介しています。

ドメインを調べたり、英語を合成したり、変換したりして作っています。

他に見つけたサイトとして、

サークル名ジェネレータ http://www.doujinbu.com/cng/

おもしろい名前が出てくるので、俺も負けねぇと見比べたり出来ます。
出てきた名前をアレンジするなどの使い方もできそうです。

連想類語辞典 http://renso-ruigo.com/

出てくる単語が類語辞典より広いです。
ああこんな単語あったなぁと、眺める為に使っています。

検索方法

英語を使ってかっこいい名前を考えるなら、ネイティブにどういった意味に受け取られるのか、予想しておきたいところです。

「(ここに調べたい英単語) 違い」 のように検索すると、似た意味の英単語と比べた説明がヒットします。
英語のニュアンスをすぐ理解してよりよい単語をさがす検索方法としておすすめです。

まとめ

作品のコンセプトや、ターゲットを明確にするのが一番大事だと思います。
悩んでそこから決定することで真に納得し、それによって命名はできるのかもしれません。